癌に関する情報をまとめています

看護師

癌に効く様々な治療

病気から復活するためには、症状に合う治療を受けることが大切です。特に癌は厄介な病なので、適用な治療は許されません。このページでは最も有効であるがん治療について紹介しています。

READ MORE
白衣の人

免疫療法とどう違うのか

今大注目の遺伝子治療ですが、免疫療法と大きく違うことをご存じですか。仕組みや遺伝子治療のメリットを知りたい方、現在癌を患っている家族がいる場合はクリックしてください。

READ MORE
病院

予防にも向いている

癌になってから治療をするよりは癌になる前に阻止する方が断然いいですよ。予防できる治療法をこちらのページで紹介しています。病原体から自分の体を守るためにもぜひ検討してください。

READ MORE
診断

がん専門クリニックが行う治療

よその病院で治療ができないといわれた、他の治療で様子を見たいなどといった人が集まるがん専門のクリニックではより効果を上げる治療法を提案し、サポートします。どのような治療があるのか、知りたいからは見ておきましょう。

READ MORE

気になる癌と胆のうがんの初期症状

男女

自覚症状はほとんどない

癌の中で最も治療が難しいといわれるすい臓がんや胆のうがんは、初期の段階で見つけるのがカギです。吐き気や嘔吐は二つの癌に多くみられる症状なので、ただの体調不良と思わず早めに病院を受診することをおすすめします。他に初期症状が出にくい癌だと胃がんもそうです。症状によくある胃痛や胸やけが実は癌だったなんてこともあるので、食事中に胃が痛くなったら要注意です。

白い便が出ることも

胆のうがんを併発した場合によくみられるのが白い便です。そして、癌が十二指腸や肝臓に転移すると、様々な症状が出てきます。その中で代表的なのが、みぞおちの激しい痛みです。黄疸により肌の色が黄色くなると癌がかなり進行している証拠です。普段と違う、痛みが前より増した場合は早めに検査をしてください。

考えられる原因

胆石が普通の人より多くある人や形が大きい場合は胆のうがんになる可能性が非常に高くなります。また発症者の多くが高齢であること、また先天性の水胆管合流異常により癌を発症するケースもあります。反面、すい臓がんや肺がん、胃がんなどの代表的な癌は一説では遺伝子が関係していますが、生活習慣病やがんウイルスに感染したことが深く関わっている場合もあります。

癌は治療で治るのか

改善の第一歩は早めに治療を開始することです。ステージが進むにつれて5年生存率はかなり厳しいといえます。5年生存とは、治療を開始してから5年後問題なく生存している人を指します。癌の種類にもよりますが、治療後の予後や生存率を知る一つの目安となっています。

新しい治療法が続々と登場

胆のうがんや治療が難しい癌も、遺伝子治療や免疫細胞療法で数々の成果を残しています。手遅れだといわれても、可能性を捨てる必要はありません。名医が治療の難しい癌治療に向き合い、最善を尽くしてくれます。まずは相談をしてみてください。

[PR]

胆のうがんを打破しよう!
ステージ4でも大丈夫★