治療に関する疑問は積極的に質問

がんを扱う専門クリニックなので、三大治療だけではなく他の新しい治療法をいくつか持っています。中には名前も聞いたことがない治療法もあるでしょう。仕組みや疑問を解消するためには胆のうがんやあらゆるがん治療を行ってきた医師に直接質問を投げかけた方が解決します。

がん専門クリニックが行う治療

診断

殺傷能力をさらに上げる樹状細胞療法

この治療法は、樹状細胞をより増やすことがポイントになります。大量の樹状細胞を体内に戻すことで、従来の免疫療法の力よりも上回る殺傷能力で癌細胞を減らします。他の細胞を傷つけずに済む点も注目されている理由です。

アルファ・ベータT細胞を使ったがん治療

他の細胞よりも比較的簡単に繁殖できるのがアルファ・ベータT細胞です。この細胞が増加すると既存の細胞に働こうという意欲を与えます。すると、徐々に活性化していきがん細胞の数を少なくします。アルファ・ベータT細胞を使った治療は胆のうがんや肺がんといった様々な癌に適用されています。

ビタミンCを点滴して死滅させる

副作用がほとんどない天然の抗がん剤で知られるビタミンC点滴。がん細胞自体のカタラーゼ活性は非常に低く、また過酸化水素を分解することもままらないです。そこに漬け込んでできる治療がビタミンC点滴です。胆のうがんも、この点滴で徐々に回復できるでしょう。