予防にも向いている

病院

遺伝子の病気だからこそ対策をする

兄弟や両親、祖父母など親族の中で一度癌を経験したことがある人物がいれば、自身も癌になる確率は上がると考えるべきです。癌は遺伝子の病気でもあるので、その説はあながち間違いではありません。同じ遺伝子を持つ家族なら癌になってもおかしくない状況なのです。

遺伝子の種類を調べて予防できる

自身が癌になりやすいかどうかは、遺伝子検査でわかります。また、がん抑制遺伝子のタイプ同じ正常な遺伝子を投与することで、癌の発生や増殖を効果的に抑えることができます。

予防は点滴のみ!だから続けやすい

遺伝子検査で癌になる確率が高いと診断されても慌てる必要はありません。点滴だけというシンプルな予防方法で癌を抑制できるので働きながら続けられるでしょう。

遺伝子治療の評判